あまブログ

ドキドキ......ドキドキ2択クイ〜〜〜〜〜〜〜ズ!!

【Ruby】Sinatraでメモアプリを作る(JSONファイル編)

この記事では、RubyのWebアプリケーションフレームワークであるSinatraを使って、シンプルなメモアプリを作成します。

データの保存先にはDBを使わず、JSONファイルを使用します。

1. 実行環境

  • macOS:12.5
  • Ruby:3.1.0
  • Bundler:2.3.12

2. メモアプリの要件

以下のメモアプリを作成します。

  • 機能
    • メモの作成
    • メモの編集
    • メモの削除
    • メモ一覧の表示
    • 特定のメモの表示

3. 作成手順

以下の手順で進めていきます。

  1. 設計
  2. 実装
  3. 改良

3-1. 設計

まずはアプリケーションの設計を行います。

1. URI設計

RESTfulなURI設計として、今回は以下のURIを使用します。

Method Path Description
GET /memos メモ一覧を表示
GET /memos/new メモ作成画面を表示
GET /memos/{memo_id}/edit メモ編集画面を表示
POST /memos メモを作成
GET /memos/{memo_id} 特定のメモを表示
PATCH /memos/{memo_id} 特定のメモを編集
DELETE /memos/{memo_id} 特定のメモを削除

2. ディレクトリ設計

ディレクトリ構成は以下のようになります。

memo-app/
  - public/
    - memos.json # データ保存先
  - views/
    - edit.erb # メモ編集画面
    - index.erb # メモ一覧表示画面
    - layout.erb # 各ビューの共通部分
    - new.erb # メモ作成画面
    - show.erb # 特定のメモ表示画面
  - memo.rb # ルーティング定義

3-2. 実装

次にメインの機能の実装を行います。

1. ライブラリの用意

まずは必要なgemのインストールを行います。

以下のコマンドを実行し、作業用ディレクトリにGemfileを作成します。

$ mkdir memo-app
$ cd memo-app
$ bundle init

Gemfileを以下のように編集します。

# frozen_string_literal: true

source "https://rubygems.org"

# gem "rails"
gem "sinatra"
gem "webrick"
gem "sinatra-contrib"

以下のコマンドを実行してgemをインストールします。

$ bundle install

2. メモ一覧の表示

次にメモ一覧の表示を行います。

まずはメモのデータとして以下のpublic/memos.jsonを作成します。

{
  "1": {
    "title": "メモ1",
    "content": "メモ1の内容"
  },
  "2": {
    "title": "メモ2",
    "content": "メモ2の内容"
  }
}
  • Rubyのハッシュに変換→{"1"=>{"title"=>"メモ1", "content"=>"メモ1の内容"}, "2"=>{"title"=>"メモ2", "content"=>"メモ2の内容"}}

次にルーティングを定義します。

以下のmemo.rbを作成します。

# frozen_string_literal: true

require 'sinatra'
require 'sinatra/reloader'
require 'json'

FILE_PATH = 'public/memos.json'

def get_memos(file_path)
  File.open(file_path) { |f| JSON.parse(f.read) }
end

get '/' do
  redirect '/memos'
end

get '/memos' do
  @memos = get_memos(FILE_PATH)
  erb :index
end

次にメモ一覧を表示するビューを作成します。

以下のviews/layout.erbを作成します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <!-- Bootstrap CSS -->
  <link href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/bootstrap@5.0.2/dist/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet" integrity="sha384-EVSTQN3/azprG1Anm3QDgpJLIm9Nao0Yz1ztcQTwFspd3yD65VohhpuuCOmLASjC" crossorigin="anonymous">
  <title>メモアプリ</title>
</head>
<body>
  <div class="container">
    <h1 class="mb-4">メモアプリ</h1>
    <%= yield %>
  </div>

  <!-- Option 1: Bootstrap Bundle with Popper -->
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/bootstrap@5.0.2/dist/js/bootstrap.bundle.min.js" integrity="sha384-MrcW6ZMFYlzcLA8Nl+NtUVF0sA7MsXsP1UyJoMp4YLEuNSfAP+JcXn/tWtIaxVXM" crossorigin="anonymous"></script>
</body>
</html>
  • <%= yield %>の部分にそれぞれのビューの内容が埋め込まれます。
  • CSSにBootstrapを使用しています。

次にメモ一覧を表示するviews/index.erbを作成します。

<ul>
  <% @memos.each do |id, post| %>
    <li>
      <%= post["title"] %>
    </li>
  <% end %>
</ul>

3. 特定のメモの表示

次に特定のメモを1件表示させます。

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# get '/memos' do
# ~

get '/memos/:id' do
  memos = get_memos(FILE_PATH)
  @title = memos[params[:id]]['title']
  @content = memos[params[:id]]['content']
  erb :show
end

views/show.erbを作成します。

<div>
  <p><%= @title %></p>
  <p><%= @content %></p>
</div>
<div>
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos">メモ一覧に戻る</a>
</div>

views/index.erbにメモへのリンクを追加します。

<ul>
  <% @memos.each do |id, post| %>
    <li>
      <a href="/memos/<%= id %>"><%= post["title"] %></a>
    </li>
  <% end %>
</ul>

4. メモの作成

次にメモの作成機能を実装します。

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# get '/memos' do
# ~

get '/memos/new' do
  erb :new
end

# get '/memos/:id' do
# ~
  • get '/memos/new'get '/memos/:id'より上に書くこと。
    • :idはあらゆるURLにマッチするパラメータのため、/memos/:id/memos/1/memos/2だけでなく/memos/newにもマッチする。ルーティングは上から順に合致するURLを探すため、/memos/:id/memos/newより上に定義されていると、/memos/newのgetリクエストを受け取った時にget '/memos/:id'のルーティングにマッチしてしまいエラーとなる

views/new.erbを作成します。

<form action="/memos" method="post">
  <div class="mb-3">
    <label for="title" class="form-label">タイトル</label>
    <input type="text" id="title" name="title" class="form-control">
  </div>
  <div class="mb-3">
    <label for="content" class="form-label">内容</label>
    <textarea id="content" name="content" class="form-control"></textarea>
  </div>
  <div>
    <input type="submit" value="保存" class="btn btn-primary">
  </div>
</form>

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# def get_memos(file_path)
# ~

def set_memos(file_path, memos)
  File.open(file_path, 'w') { |f| JSON.dump(memos, f) }
end

# ~

# get '/memos/:id' do
# ~

post '/memos' do
  title = params[:title]
  content = params[:content]

  memos = get_memos(FILE_PATH)
  id = (memos.keys.map(&:to_i).max + 1).to_s
  memos[id] = { 'title' => title, 'content' => content }
  set_memos(FILE_PATH, memos)

  redirect '/memos'
end
  • (memos.keys.map(&:to_i).max + 1).to_sでidの最大値を探してインクリメント
  • PRGパターンで実装(Post→Redirect→Get)

views/index.erbにメモ作成画面へのリンクを追加します。

<div class="mb-4">
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos/new">メモを作成</a>
</div>
<ul>
  <% @memos.each do |id, post| %>
    <li>
      <a href="/memos/<%= id %>"><%= post["title"] %></a>
    </li>
  <% end %>
</ul>

5. メモの編集

次にメモの編集機能を実装します。

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# post '/memos' do
# ~

get '/memos/:id/edit' do
  memos = get_memos(FILE_PATH)
  @title = memos[params[:id]]['title']
  @content = memos[params[:id]]['content']
  erb :edit
end

views/edit.erbを作成します。

<form action="/memos/<%= params[:id] %>" method="post">
  <div class="mb-3">
    <label for="title" class="form-label">タイトル</label>
    <input type="text" id="title" name="title" value="<%= @title %>" class="form-control">
  </div>
  <div class="mb-3">
    <label for="content" class="form-label">内容</label>
    <textarea id="content" name="content" class="form-control"><%= @content %></textarea>
  </div>
  <div>
    <input type="hidden" name="_method" value="patch">
    <input type="submit" value="保存" class="btn btn-primary">
  </div>
</form>
  • フォームの隠しパラメータ(hidden)に_methodパラメータで本来送りたいメソッドを指定(value="patch")

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# get '/memos/:id/edit' do
# ~

patch '/memos/:id' do
  title = params[:title]
  content = params[:content]

  memos = get_memos(FILE_PATH)
  memos[params[:id]] = { 'title' => title, 'content' => content }
  set_memos(FILE_PATH, memos)

  redirect "/memos/#{params[:id]}"
end

views/show.erbに編集ボタンを追加します。

<div>
  <p><%= @title %></p>
  <p><%= @content %></p>
</div>
<div class="d-flex mb-4">
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>/edit" method="get">
    <input type="submit" value="編集" class="btn btn-primary me-2">
  </form>
</div>
<div>
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos">メモ一覧に戻る</a>
</div>

6. メモの削除

最後にメモの削除機能を実装します。

memo.rbに以下のルーティングを追加します。

# patch '/memos/:id' do
# ~

delete '/memos/:id' do
  memos = get_memos(FILE_PATH)
  memos.delete(params[:id])
  set_memos(FILE_PATH, memos)

  redirect '/memos'
end

views/show.erbに削除ボタンを追加します。

<div>
  <p><%= @title %></p>
  <p><%= @content %></p>
</div>
<div class="d-flex mb-4">
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>/edit" method="get">
    <input type="submit" value="編集" class="btn btn-primary me-2">
  </form>
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>" method="post">
    <input type="hidden" name="_method" value="delete">
    <input type="submit" value="削除" class="btn btn-primary">
  </form>
</div>
<div>
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos">メモ一覧に戻る</a>
</div>

3-3. 改良

最後にセキュリティ面などの改良を行います。

1. XSS対策(セキュリティ)

XSS対策として、メモの書き込み内容を表示する部分にエスケープ処理を追加します。

memo.rbに以下を追加します。

require 'cgi'

views/index.erbを以下のように編集します。

<div class="mb-4">
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos/new">メモを作成</a>
</div>
<ul>
  <% @memos.each do |id, post| %>
    <li>
      <a href="/memos/<%= id %>"><%= CGI.escapeHTML(post["title"]) %></a>
    </li>
  <% end %>
</ul>

views/show.erbを以下のように編集します。

<div>
  <p><%= CGI.escapeHTML(@title) %></p>
  <p><%= CGI.escapeHTML(@content) %></p>
</div>
<div class="d-flex mb-4">
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>/edit" method="get">
    <input type="submit" value="編集" class="btn btn-primary me-2">
  </form>
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>" method="post">
    <input type="hidden" name="_method" value="delete">
    <input type="submit" value="削除" class="btn btn-primary">
  </form>
</div>
<div>
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos">メモ一覧に戻る</a>
</div>

2. 改行を反映

メモの書き込み内容の改行を反映するように修正します。

views/show.erbを以下のように編集します。

<div>
  <p><%= CGI.escapeHTML(@title) %></p>
  <p><%= CGI.escapeHTML(@content).gsub(/\n/, '<br/>') %></p>
</div>
<div class="d-flex mb-4">
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>/edit" method="get">
    <input type="submit" value="編集" class="btn btn-primary me-2">
  </form>
  <form action="/memos/<%= params[:id] %>" method="post">
    <input type="hidden" name="_method" value="delete">
    <input type="submit" value="削除" class="btn btn-primary">
  </form>
</div>
<div>
  <a class="btn btn-secondary" href="/memos">メモ一覧に戻る</a>
</div>

以上で終了です。

以下の記事では、今回作成したメモアプリのデータ保存先をPostgreSQLに変更する手順を紹介しています。

amablog.tech


【参考】