あまブログ

ドキドキ......ドキドキ2択クイ〜〜〜〜〜〜〜ズ!!

【Ruby 3.1】ボウリングのスコア計算プログラムを作る

環境

  • macOS Monterey 12.4
  • Ruby 3.1.0

ボウリングのスコア計算プログラムの要件

  • 1ゲーム = 10フレーム
  • 1フレーム = 2投
  • スペアのフレームの得点は次の1投の点を加算する。
  • ストライクのフレームの得点は次の2投の点を加算する。
  • 10フレーム目は1投目がストライクもしくは2投目がスペアだった場合、3投目が投げられる。
  • ありえない投球数やありえない数字・記号がこない前提。
  • 入力例:6,3,9,0,0,3,8,2,7,3,X,9,1,8,0,X,6,4,5

ソースコード

1. 試作品(自作→レビュー反映)

#!/usr/bin/env ruby
# frozen_string_literal: true

score = ARGV[0]
scores = score.split(',')
shots = []
scores.each do |s|
  if s == 'X'
    shots << 10
    shots << 0
  else
    shots << s.to_i
  end
end

frames = []
shots.each_slice(2) do |s|
  frames << s
end

frames_point = []
frames.each_with_index do |frame, i|
  frames_point[i] = frame.sum
  if i < 9
    if frame[0] == 10
      frames_point[i] += frames[i + 1][0]
      frames_point[i] += if frames[i + 1][0] == 10
                           frames[i + 2][0]
                         else
                           frames[i + 1][1]
                         end
    elsif frame.sum == 10
      frames_point[i] += frames[i + 1][0]
    end
  end
end
puts frames_point.sum

2. 最終形(自作→レビュー反映→他の人のコードを見る)

#!/usr/bin/env ruby
# frozen_string_literal: true

shots = ARGV[0].split(',').map { |s| s == 'X' ? 10 : s.to_i }

frame = []
frames = []
shots.each do |s|
  frame << s
  if frames.length < 10
    if frame.length >= 2 || s == 10
      frames << frame.dup
      frame.clear
    end
  else
    frames.last << s
  end
end

point = 0
(0..9).each do |n|
  point += frames[n].sum
  frames[n + 1] ||= []
  frames[n + 2] ||= []
  if frames[n][0] == 10
    point += (frames[n + 1] + frames[n + 2]).slice(0, 2).sum
  elsif frames[n].sum == 10
    point += frames[n + 1][0]
  end
end
puts point

ソースコード(最終形)の解説

主な使用メソッド

解説

4行目

shots = ARGV[0].split(',').map { |s| s == 'X' ? 10 : s.to_i }
  • ARGV[0].split(',')で入力された文字列を,で分割して文字列の配列にする
    • "6,3,9,0,0,3,8,2,7,3,X,9,1,8,0,X,6,4,5"["6", "3", "9", "0", "0", "3", "8", "2", "7", "3", "X", "9", "1", "8", "0", "X", "6", "4", "5"]になる
  • .map { |s| s == 'X' ? 10 : s.to_i }でXを数値の10に、それ以外を数値に変換する
  • 結果、shotsには[6, 3, 9, 0, 0, 3, 8, 2, 7, 3, 10, 9, 1, 8, 0, 10, 6, 4, 5]が入る

6~18行目

frame = []
frames = []
shots.each do |s|
  frame << s
  if frames.length < 10
    if frame.length >= 2 || s == 10 # frameに2投またはストライクの1投が入ったら
      frames << frame.dup
      frame.clear
    end
  else # 10フレーム目
    frames.last << s
  end
end

shots[6, 3, 9, 0, 0, 3, 8, 2, 7, 3, 10, 9, 1, 8, 0, 10, 6, 4, 5]から、各フレーム毎に分割したframes[[6, 3], [9, 0], [0, 3], [8, 2], [7, 3], [10], [9, 1], [8, 0], [10], [6, 4, 5]]を作りたい

  • frames << frame.dupについて
    • frames << frameだとframeの参照が格納されるだけでオブジェクトそのものは格納されない
    • frame.dupを使うことでframeのオブジェクトそのもののコピーが作成され、framesに格納される

21~30行目

(0..9).each do |n|
  point += frames[n].sum # 倒したピンの本数を加算
  frames[n + 1] ||= []
  frames[n + 2] ||= []
  if frames[n][0] == 10 # ストライク
    point += (frames[n + 1] + frames[n + 2]).slice(0, 2).sum # 次の2投を加算
  elsif frames[n].sum == 10 # スペア
    point += frames[n + 1][0] # 次の1投を加算
  end
end

1~10フレーム目までの点数を加算

点数は倒したピンの本数 + スペアまたはストライクのボーナス

  • (frames[n + 1] + frames[n + 2]).slice(0, 2).sumについて

    • frames[n + 1] + frames[n + 2]で次の2フレームを合わせる
      • ストライクの次の2フレームが[6, 3]と[0, 4]なら、[6, 3, 0, 4]になる
      • ストライクの次の2フレームが[10]と[10]なら、[10, 10]になる
    • .slice(0, 2)で先頭から2つ→次の2投を加算
      • [6, 3, 0, 4].slice(0, 2)なら[6, 3]
      • [10, 10].slice(0, 2)なら[10, 10]
    • 連続ストライクのための施策
    • スペアはシンプルに次の1投だけなのでこのような施策はいらない
  • frames[n + 1] ||= []frames[n + 2] ||= []について

    • 9~10フレーム目で次の1フレームまたは2フレームがない場合の施策
    • nilガードを使う事で、frames[n + 1]またはframes[n + 2]が存在しない場合に、nilではなく空の配列が入るので、9~10フレーム目でも問題なくスペア・ストライクのボーナス加算ができる(10フレーム目は0点を加算してることになる)

【参考】